内科 消化器内科 心療内科
  • 最大
  • 標準
・文字サイズ

内視鏡検査

胃の内視鏡検査のご案内

胃の内視鏡検査をお考えの方へ

胃が重たい、食欲不振といった症状が長く続く場合は、胃がん検診・内視鏡検査を受けましょう。

  • 胃が重たい
  • 食欲不振
  • 吐き気や嘔吐
  • 胸やけする

胃がんは初期の段階で、自覚症状はありません。自己判断は、かえって胃がんを進行させてしまう場合もあります。早期発見のため、おかしいと思ったらすぐに検査を受けましょう。

胃内視鏡検査の重要性

日本人に多い胃がんは、早期発見することで、ほとんど治すことができるようになってきました。検査や治療法が飛躍的に向上したことで、定期的に検診を受け適切な処置をすれば、過度に怖れる病気ではありません。定期的な検査を大切にして、健康な生活を維持しましょう。

胃の内視鏡検査では、胃がんの早期発見、胃潰瘍、ピロリ菌感染などから、ストレス社会・生活習慣の悪化などから急増している、機能性ディスペプシア・IBS・逆流性食道炎などのチェックも行うことができます。※保険診療で、慢性胃炎、胃潰瘍などのピロリ菌治療を行う時は、胃内視鏡検査が必要となります。

機能性ディスペプシア(FD)

症状: 辛いと感じる食後の胃もたれ・すぐに満腹になる・みぞおち部分の痛み・みぞおちの焼ける感じなど。 治療薬は、保険適用となりました。

過敏性腸症候群(IBS)

症状: 通勤中におなかが痛くなる、ストレスや緊張を感じると急におなかが痛くなる、下痢になる、下痢と便秘を繰り返す など。

逆流性食道炎

症状: 胸やけ・呑酸・げっぷ・胸の痛み・胃もたれ など。

苦痛の少ない鼻からの胃カメラ

当院は、楽に検査が受けられる鼻から入れる胃カメラ、経鼻内視鏡検査を行っております。鼻から入れる場合は内視鏡が舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査を受けることができます。

口からの内視鏡、鼻からの内視鏡

経鼻内視鏡の3つのメリット

心と体の両面から治療する、それが心療内科です。ストレス社会・生活習慣の悪化などから、現在急増している症状・病気もあります。まずはあなたの不安を早く取り除くためにも、些細なでもお気軽に受診下さい。

苦痛が少ない

内視鏡は鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さです。検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。

吐き気が起きにくい

内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、 不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

会話ができる

検査中も会話が可能です。質問をしたいとき、気分を告げたい時など、医師と自由にお話できるので安心です。

当院では、お話を伺い、検査・診断をした上で、治療を行います。専門に診療しておりますので、少しでも気になる症状やご心配な方、お気軽にご相談下さい。

上矢印
ページ先頭へ
↑上に戻る